MENU

1家庭1ボランティアの会

当塾では、勉強だけでなく地域の草刈りや清掃活動、災害時ボランティアなど
「1家庭1ボランティアの会」として様々な活動を行なっています。

2014年5月の活動

2015年5月の活動

小学・中学・高校で最低の成績。高3の担任も「お前には何も助言できない!」自分は何もできない。でも、会長は「おまえの成績は1でも、人に対する思いは5やぞ!」「人生を人のために尽くせ」と言っていただきました。その言葉を旨に、今、介護福祉士を目指して専門学校で必死に勉強しています。
専門学校生

6年前の高校1年生のとき、クラブもしない勉強もしない毎日。そんな時、1家庭1ボランティアの野田会長から「明日人手が足りないから参加してくれ」と頼まれました。仕方なく参加しました。暑い日の中、多治見駅周辺の草刈りをしました。作業後は気持ちが良く、「やった!」と本当に気持ち良かったです。作業後、会長が「皆、ええ顔しとる!お前もええ顔しとる!しっかり勉強して、このええ顔を繋げ!」と言われました。この言葉が繋がるように大学卒業後、保育士として今は子ども達と頑張っています。
現、保育士

皆さんは、自分の存在を考えたことがありますか。6年前に、このボランティアに出会いました。以前は社会貢献ができない自分、居ても居なくても社会に何の影響も与えない自分の存在だと思っていました。今は、自分がどれだけ人のために役立てるか自信を持って行動できるようになりました。
現、看護師

私の家族は6年前から家族でボランティアに参加しています。私の子どもに親として何を学ばせるべきか考えた時、社会のために役立つことを体験させることが一番大事なことだと思い参加しています。車で市内を走っていても「ここ汚いね、掃除したいね!」と子どもの声。これからも家庭で続けます。
保護者

© 2020 向陽塾 なびこ 株式会社イクスループ